近場のGetawayトリップ

先週の週末、1泊2日で子ども達2人を連れて週末tripへ出かけました。

ちょうど金曜日が子ども達の学校のStudiedagの為、休校だったのです。
旦那さんはお仕事の為、オランダ不在。

初めて一人でドイツまで運転しました。ドキドキ。

ルートは、このような感じに。

①エメリッヒ⇒クレーヴェ(Emmerich, Kleve)ドイツ
②ベルグアンドダール(Berg en dal)オランダ

①に関しては、アムステルダムから1時間30分弱で辿り着く場所です。
ドイツの国境を渡ってすぐに到着しました。

エメリッヒは、オランダ語綴りでEmmeik。
ここで有名なのは、サンフランシスコにあるゴールデンゲートブリッジのような真っ赤な橋。
ライン川に架かる橋です。
街自体は、正直あまり印象には残らなかったのですが(すみませーん)この橋はかなり印象的でした。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.20.41

オススメは、Emmerikの街から眺める赤い橋ではなく、
その橋を渡った所から眺める赤い橋。

ピクニック場所もあるので小さなお子様連れには最高です。
自転車やスクーターも持ってきていたので、ここで思う存分、遊んでいました。

Screen Shot 2017-07-10 at 22.08.09

更にここから車で5分の所に、KLEVEという、とても素敵な街があります。

たまたま今回の宿泊先(オランダ)に向かう途中で見つけた場所だったのですが、あまりにも美しくて思わず車をストップ、立ち寄ることに。
最終的にはここに1、2時間滞在しました。

道路を挟んで一方には森が。

Screen Shot 2017-07-10 at 23.41.18

そして反対側には、少々坂になる形で、高台にこのようなガゼボが佇んでいます。

Screen Shot 2017-07-10 at 23.41.48

見事にまっすぐ続く川、そしてあたかも綺麗に手入れされているように見える森。
一瞬、フランスにあるどこかのお城のお庭にいるような錯覚に陥ったほどです。

Screen Shot 2017-07-10 at 23.42.04

歳のせいかどうかは不確かですが、
年々緑を欲する、自然を欲する自分がいます。

子ども達も同様、緑溢れるKLEVEで思う存分走りまわり遊んでいました。
緑のトンネルも眩しいくらいにキラキラ輝いています。

Screen Shot 2017-07-10 at 23.42.17

ここKLEVEには、森の散策ルートもあるようです。

ちょっと写真では見にくいかもしれませんが、2つ前の写真の右奥に、
ドイツ風コテージレストランを発見しました。

ここで、とっても美味しいソーセージ、そしてデザートを頂けますよ。
ちなみにこの日は、日本でよく見かける苺パフェのようなものを特別メニューとして出していました。

名前は忘れてしまいましたが、道路から見るとすぐに目にとまるコテージレストランです。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.33.54

今回は、お友達でもあり一緒にお仕事をさせてもらっている山本絵美さんに
Berg en dalをオススメしてもらい、Hampshire hotel(→)という所に滞在しました。

これがまた小さい子ども連れには最適な場所で、
森に囲まれたホテル、そして広大な敷地の中に佇むホテルは、大人にとってもストレスフリーな環境でした。

何よりも嬉しかったのが、お部屋のベランダのドアをあけるとそのまま森に繋がっていること。

お部屋から直接芝生⇒森へアクセスすることも可能なのです。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.39.33

夕方のお散歩。
日中はかなり気温が上がりましたが、森の緑達がひんやり風を送ってくれます。

Screen Shot 2017-07-10 at 22.09.31

お部屋にはジャクジーも完備されており、
滞在中子ども達は計5回もお風呂に入っていました。

バスルームにはその他、家族4人が同時に入れるくらいの大きなオープンシャワールームも備わっていて、子ども達、終始はしゃぎまくりです。

今回はBooking.com経由で予約をしたのですが、大人1人、子ども2人で
(ツインベッドとソファベッドが付いています)
朝食付き、ジャクジー付きのExecutive suite roomで€104。
チェックアウトも12時とゆーーっくりできました。

更にホテルから車で5分ほど行った所には、
とびっきりChild Friendlyなパンケーキ屋さんがあります。

De Duivelsberg→

Screen Shot 2017-07-11 at 13.41.33

私達はここで夕飯をとったのですが、木製の遊具があちらこちらに置いてある可愛らしい公園を所有しています。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.41.07

パンケーキもとっても美味しかったです。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.41.23

公園内に咲き誇るあじさいも、とても美しかった〜。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.41.48

朝食は、ホテルのテラスにて。

これまた広大な森を目の前に、なんとも言えない贅沢な気分で頂きました。
ビュッフェ式の朝ご飯は種類も一杯!
食べ慣れているはずのクロワッサンやパンオショコラが絶品で、私の子どもの顔も終始緩みっ放しです。
Screen Shot 2017-07-11 at 13.46.00

ゆっくりと流れる時間の中、
息子くんとはチェス、娘ちゃんとはお絵描きをして、
普通の生活ではあり得ないくらいのゆっくりした朝を過ごしました。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.46.13

 

子ども達にとっての一番のハイライトは、ここから。

ホテルから徒歩10分圏内に、TIVOLI (→)という
こじんまりした遊園地があるのですが、
こじんまりしているとはいえ、本来の滞在予定時間を大幅に上回り、
結局11時から閉園の17時までここで過ごしました。

8歳の息子もぎりぎり楽しめたようです。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.49.46

乗り物は勿論の事、

Screen Shot 2017-07-11 at 13.50.37

アスレチック公園も充実していて、
娘ちゃんと着ぐるみのショーを見ている間、
息子くん、なんと何もなかったこの敷地に、これらの木材を利用して、、、、

Screen Shot 2017-07-11 at 13.52.26

家を自分で作っていました。
これには私もびっくりです。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.52.16

他にも水着になってお水で遊ぶコーナーや、
ミニゴルフ場も。

Screen Shot 2017-07-11 at 13.53.50

1泊2日の旅行でしたが、中身が濃く充実したミニ親子旅行となりました。

もし週末を利用して御家族でオランダ国内、又は近場にミニ旅行を考えている方、
特にKleve、Berg en dalは子連れにとってもオススメです。
あっ、記念に是非、Emmerichの赤い橋も。

今回、行きそびれてしまった、Berg en dalにある
Africa MuseumとOrientalisもいつかまた子ども達と訪れたいと思います。

今回の記事が皆様の旅行プラニングの一助になれば幸いです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s