娘とデート

息子はボーイスカウトのサマーキャンプでオランダ不在。
主人も仕事の為オランダ不在の為、
娘を連れて義理の両親が住むマーストリヒトへ行ってきました。

娘はおじいちゃん、おばあちゃんに会えて大喜び。

観光がてら、娘が大好きな場所へ。

世界で最も美しい本屋さんと称される場所がマーストリヒトにあります。

Boekhandel Dominicanen→

プリンセス好きの娘ですが、その中で最もお気に入りが『美女と野獣』。
ベル好きのおかげで、本好きになりました。
(ディズニー感謝)

あまりにも美し過ぎて、娘、スキップ。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.20.17

踊りたくもなりますよね。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.20.02

元教会の本屋さん。
本を読んでいる姿は、お祈りしている姿にも見えます。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.20.42

本は時として心に平穏をもたらしてくれます。
教会もまた、クリスチャンにとっては同様の場所ですよね。

そういった意味で、本も教会も同じ波長を出している気がして、
そのハーモニーがとても心地よくもありました。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.20.54

この本屋さんにはカフェも入っており、ここでお茶タイム。

好きな本を1冊購入し、カフェでゆっくり過ごします。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.21.05

私もずっと探していた1冊にめぐりあえました。
娘がたまたま
『ママ、これ綺麗な本ね』と持ってきた本が、その1冊だったんです。

チャールズ ディケンズの『大いなる遺産』

読むのが楽しみです。

Screen Shot 2017-07-28 at 15.10.58

マーストリヒトでは、おじいちゃんとおばあちゃんを独り占めして
娘はとっても嬉しそうでした。

また来月会えるので、その時を楽しみに。

帰りは、デンボスを経由し、
オランダ在住の知人らからオススメされた、とあるミュージアムへ。

Het Noordbrabants Museum→

Screen Shot 2017-07-28 at 12.21.47

現在ここで日本人アーティストのエキシビションが開催されています。

それはそれはすばらしく、娘も感動。

その瞬間をキャッチ。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.22.38

この世界に足を踏み入れた瞬間、お互い言葉を失ってしまいました。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.22.28

『赤い糸』

人によって感じることはそれぞれ、
それがまた、芸術の良いところ。

娘と一緒に見たからか、
私にはこの作品が『赤い糸』という愛する人がテーマのような印象を受けました。

家族、親友とは同じ船にのる同士のようなもので、
たとえ、この世を去ってしまい天に召しても、『赤い糸』でずっとつながっているような、、、、そんな存在。

ここ数年、家族や親しい人達との別れが続きました。
異国の地にいるからこそ、『家族』『親友』という言葉や存在が、時として強く強く心に響きます。

だからか、この作品を見た時、一筋の涙が頬を伝い落ちました。

素敵な作品だったな。

Screen Shot 2017-07-28 at 12.23.06

もしご興味があれば是非。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s